Market Data

モバイル市場年鑑2022:消費者が3.8兆時間をモバイルデバイスに費やすモバイルファーストな新時代における市場攻略法

data.ai Research

業界をリードするdata.aiの最新レポート「モバイル市場年鑑2022」を読んで、モバイルファーストな新時代の攻略法や、市場で成功するためのビジネス変革には一体なにが必要なのか、この機会にぜひ見つけてみましょう。

2022年に突入し、世界はさらなるモバイルファーストな環境へと日々進化し続けています:

  • モバイルアプリに費やす時間は、かつてないほど増加しており、モバイルファーストの上位市場では1日4.8時間もの時間をモバイルに消費しています。
  • 2021年には1分間に32万ドル(USドル)以上がアプリストアで消費され、2020年における記録的な数字と比較しても約20%増加し、消費者の関心と経済の動きがモバイルに移行していることが明らかになりました。
  • モバイルの初期ユーザーからZ世代などの若年層まで、モバイルサービスは高い需要があり、世界では毎分44万1千以上のアプリがダウンロードされています。
  • 広告主は、モバイルアプリの幅広い人へのリーチと深いエンゲージメントに注目しており、モバイルにおける広告費は2021年に2950億ドル(USドル)を突破し、2022年には3500億ドルに到達する勢いです。

2020年はコロナの影響によりモバイルの存在が多くの人にとってさらに欠かせないものとなりました。そしてモバイルの習慣が世界中に根付いた2021年はモバイル市場にとってさらなる革命的な年となりました。続く2022年は、さらなるDX化の加速やリモートワークなどの多様な働き方、モバイルで気軽に楽しむことができるエンターテイメントアプリなどの普及により、過去の記録を大きく塗り替える記録的な年となるに違いないでしょう。モバイルファーストな戦略の構築は、変革された世界で成功するための必須条件であり、データに基づく戦略は、その上で欠かせない材料となります。


data.aiの「モバイル市場年鑑2022」では2022年に皆様のモバイルビジネスを飛躍的に成長させるために必要な市場の最新情報や”顧客から愛されるアプリ”の開発に欠かせないデータやインサイトを網羅しています。

業界をリードするdata.aiの最新レポート「モバイル市場年鑑2022」では、12業界、30市場のデータやインサイトを提供しており、2022年、皆様のモバイルビジネスに必要不可欠な情報を網羅しております。また、本レポートではインタラクティブな形式を採用しており、実際に手を動かし、レポート内のデータを比較することが可能です。

  • モバイルによる変革が予想される高成長分野と新興分野:モバイル経済の変化に注目し、次に訪れるビッグチャンスを掴むためには一体どのようなアクションが必要なのか?
  • 急成長するモバイルゲーム市場で成功するために必要な要素とは?:data.ai Game IQの活用による、戦略の策定やプロダクトの開発、改善に役立つ詳細なインサイトを提供。
  • 2021年だけで190万ものアプリが登場し、競争が激化するグローバル市場では、どのように競合との差をつけ、市場で勝利を収めることができるのか?:data.aiが提供する市場規模や最新のランキング、効果的な広告の出し方やASO(アプリストア最適化)データの活用方法について。
  • 消費者から支持されている人気のアプリについて:ゲームやファイナンス、ソーシャルメディア、飲食、ショッピングなどの分野で最も人気のあるアプリをご紹介。またそれらのトッププレーヤーはどのように事業を拡大し、業界に変革を与えているのか。
  • Z世代、ミレニアル世代、ベビーブーマー世代がいつどこでモバイルでの消費を行っているのか:ビデオストリーミング、マッチングアプリ、ファイナンス、リテール、ゲーム、ソーシャル、フードデリバリー、ヘルス&フィットネスなどにおける消費者行動の変化から収益の可能性を発見し最大化する方法。
  • 1日4.8時間をモバイルに消費するモバイルファーストのトップ市場を活用し、ビジネスと収益を成長させる方法:モバイルにおける広告費は2022年に3500億ドルを超える見込み
  • アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の30以上の市場において、どのアプリとゲームがランキングの上位を占めているのか:2021年のトップアプリは消費者の需要とどのような関係性があるのか。
  • 17の主要市場における詳細な市場動向:モバイルの影響により変革された消費者行動と新時代における最も効果的な戦略とは?

モバイル市場で成功を収めるための準備はよろしいでしょうか?今すぐ「モバイル市場年鑑2022」を読み、皆様のビジネスへとご活用ください:

2022 M01 12

Market Data

関連するブログ記事はこちら