Market Data

景気に影響されないアプリの10ジャンルをご紹介

Randy Nelson

新たな世界において、『消費者同士を繋げるアプリ』が2022年上半期に最もアプリ内課金が増加したアプリでした。

インフレの影響はあらゆるところに出ており、モバイルの世界にも浸透する兆候をみせています。あらゆる規模のパブリッシャーやアプリに影響を受け始めており、終わりが見えないこの環境では、持続可能なアプローチを持つことが要求されます。data.aiの最新レポート「景気に影響されないアプリとカテゴリーの特定」 では、この不安定な市場を乗り越えるためにモバイルパフォーマンスデータがどのように役立つのか明らかにします。

 

突出した市場がいくつかある強いエコシステム

2022年の前半を見ていくと、モバイルを取り巻く環境も、受けた影響は控えめながら、経済全体同様、逆風にさらされました。市場を大きく後退させたり、2020年第1四半期以降の好調を打ち消すほどの強い逆風はありませんでしたが、引き続き、嵐が押し寄せる気配は消えません。

幸いにも、市場全体の安定性を示す主要な計測基準である「消費者のアプリ使用時間」は2021年上半期と比較しても、この上半期で2倍の成長を見せています。前年比では11%の成長で、Androidフォンだけで史上最高の2兆時間以上に達しました。2022年上半期のiOSおよびGoogle Playにおけるダウンロード数も過去最高の744億に達し、成長率は前年比で13%上昇しています。収益は、反対に、この上半期、わずかに減少しており、前年同期に比べ3%減少しています。

一つ掘り下げていくつかの国に絞ってみていくと、ラテンアメリカやEMEA(欧州・中東・アフリカ)の一部の市場では、アプリの成功に欠かせない主要な指標で、前年比の成長率で見れば例えば、発展途上の市場であるブラジルでは、アプリ内課金における消費者支出で15%の成長を見せています。

逆風に影響されずに成長しているカテゴリー

短期間のうちに強固な市場が出現したのと同様に、アプリカテゴリーの中にも景気に影響されない強いカテゴリーがあります。data.aiのアプリ分類ソリューション、 App IQおよびGame IQ を活用した分析により、ダウンロード数および消費者支出の新しい傾向として、人との社会的つながりとエンターテイメントに関するアプリが好まれる傾向がわかりました。 

実際、 メディア共有ネットワーク(ソーシャルメディア)アプリは、上半期においてダウンロード数が上昇したアプリの一つで、2021年度下半期に比べて、インストール数が世界中で1億5,200万増加しました。

アプリ内の消費者支出については、ショート動画(エンターテイメント) アプリが TikTokに牽引されリーダーとして台頭しました。このジャンルのアプリに費やされた額は、この上半期でその前の半年より、6億600万ドル近く多くなりました。OTTおよび マッチング(ソーシャルメディア) アプリは、この値では突出しており、またオーディオブック(書籍/文献)アプリも同様の動きを見せています。

ショート動画やソーシャルネットワークアプリは上半期における使用時間の増加率で良い意味で例外的な値を見せました。この反対側には当然のことながら、会議(ビジネス)アプリ、つまり ZoomGoogle MeetSkype for Businessなどのグループがあります。

市場のトップパフォーマーは引き続きゲーム。しかし主要なジャンルは日々変化している

ゲームは、すべての市場において、引き続き普及と消費の主要な原動力となっています。上半期の初回ダウンロード数は、主にハイパーカジュアルタイトルに集中しており、特に「2048」や「METAL GEARS」などに代表されるパズルジャンルのタイトルが伸びています。

消費者支出において前年比最も大きな成長を見せたのは、MOBA(アクション)で、このジャンルの例としては、Tencentの長年のタイトル、Honor of Kingsがあります。4Xマーチバトル(ストラテジー) およびオープンワールドRPG も好調で、代表作としては Genshin Impactがあり、 ライブサービスを提供するモバイルゲームの記録を塗り替えています。

同時に、モバイルゲーマーがお金と時間をつぎ込むゲームの種類に重要な変化が見られます。クリエイティブサンドボックス(シミュレーション)ジャンルが ROBLOXに牽引され、全ユーザーにおける合計使用時間を急激に伸ばしています。一方、ゲーム機やPCでの不調が原因となり、バトルロイヤル(シューティング)の使用時間は急落しています。

低迷する景気の中、急成長しているアプリとは?

消費者支出で急成長したアプリの中にはショート動画やOTTジャンルのTikTokHBO MAXがあります。月次アクティブユーザー数(MAU)別、急成長アプリでは、ByteDanceのソーシャルプラットフォームが再び登場し、TikTokと真っ向勝負を挑むMetaのInstagramも登場しています。

モバイルゲームの新星も同様に、ジャンルの傾向を反映しています。MOBAゲーム「Honor of Kings」は、2021年上半期と2022年上半期の消費者支出合計の差分が最も大きく、クリエイティブサンドボックスジャンルの代表格「ROBLOX」はMAUの伸びでリードしています。

グローバルからローカルまで掘り下げた分析

この分析結果やその他多くの情報は、当社のインタラクティブ形式で提供されるレポートでご覧いただけます。このレポートでは、世界規模の指標にとどまらず、主要市場の一部で最も景気の影響を受けないアプリやカテゴリーを紹介しています。これらの分析により、ますます曖昧になりつつある近未来の展望がより鮮明になります。以下のリンクから今すぐダウンロードしましょう。

 

免責事項:

data.aiはモバイル市場の推計値に基づくサービスを提供する企業です。世界のいかなる司法管轄区においても投資顧問の資格登録はなく、法律、金融、投資、ビジネス上のいかなる助言も行っておりません。本資料のいかなる記述、ならびにdata.aiのいかなる製品、サービス、その他の提供物も、証券や投資の売買、または投資判断に関する提案、推奨、勧誘と解釈すべきではありません。過去の、また今後起こりうる実績に関するいかなる言及も、何かを推奨し、特定の結果を保証するものではなく、またそのように解釈すべきではありません。法律、金融、投資、ビジネス上の助言については、必ず専門知識を持つご自身の顧問にご相談ください。さらに、ここで情報をご提供することにより、data.aiが何らかの表明や保証を行なったとみなされることはなく、また何らかの法律上または契約上の義務を負うことは一切ありません。この情報をお客様に提供したことにより、data.aiに責任が生じることは一切ありません。

2022 M12 6

Market Data

関連するブログ記事はこちら